生前整理と遺品整理の違いはどこなのか?

生前整理と遺品整理の大きな違いについてご説明いたします。

生前整理アドバイザー2級を習得いたしました。

生前整理アドバイザー2級

私、本間は27年10月に生前整理アドバイザー2級を習得いたしました。

生前整理とは、

① 生きている間に身の回りの整理をする事です。

② ご依頼した所有者自身がお支払をいたします。

遺品整理とは、

① 故人になられた方の整理となります。

② 故人の身内もしくは、故人の後見人がお支払をする事となります。

上記が大きな違いとなりますが、作業内容も料金も異なります。

詳しくはこちら↓

生前整理の作業としては、

● いる物といらない物などの整理片付けなどです。

● 健在のため、ご自身で思い出の品々を大切に整理していくができます。

● 行政関係の手続きとしては、相続の手続きなどもご自身で済ませる事も出来ます。

なによりも、ご自身で判断が出来るうちに、自分の身の回りを整理することで、

ご家族への負担を軽減することができます。

料金としては、工夫次第では、安く抑えることができます。

私達、富士エンタープライズでは、生前整理アドバイザーである私本間が、

お客様と話しあい、無料見積もりをお出ししております。

基本料金

1時間1人2,000円~生前整理をしております。

また、月1回3時間のご利用の方には、低料金にてさせていただいております。

現在新潟では、最安値での生前整理となっております。

ぜひ、ご利用ください。

生前整理

遺品整理の作業としては、

いる物といらない物などの整理片付けと処分が含まれます。

故人に変わり、家族の判断で思い出の品々を大切に整理していきます。

また、行政関係の手続きとしては、ご家族や身内、また第三者がいたします。

なによりも、、ご家族への負担が大きくなり、費用面では生前整理に比べて大きな物となる。

ご家族にとっては、生前整理をしていなかった為に大きな負担となる。

ビフォー               
生前整理

アフター
DSCN1441

料金としては、生前整理より安く抑えることはできない。

なぜか?

それは、本人の必要書類の探しから、銀行関係の必要書類であったり、

権利書遺言書などを考慮しながら処分作業をしなくてはならない。

労力と時間と費用の負担は計りしれないものとなります。

私達の富士エンタープライズでは、ご家族に変わり遺品整理をしております。

お客様と話しあい、無料お見積もりをお出ししておりますのでご気軽に相談下さい。

基本料金

軽トラック1台分の運搬・処分  12,000円×回数

2tトラック1台分の運搬・処分  35,000円×回数

また、部屋の数、処分量により作業人数が異なる為、お見積り額は異なります。

一般廃棄物・産業廃棄物・公安委員会などの資格が必要になります。

私達富士エンタープライズは、お見積りの際、資格書をご提示しておりますので、

ご安心下さい。

また、費用を安く抑えたい方には、作業日数はかかりますが安くするプランもございます。

※生前整理・遺品整理などで処分がある場合には資格が必要になります。

富士エンタープライズの顧問行政書士が複雑な手続きの多い相続を担当致します。

遺品整理のご依頼・ご相談はお問い合わせはこちらまで ↓↓↓↓

便利屋富士エンタープライズへお問い合わせ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする