雑草とコケの防止対策!ブロック塀と家の隙間に固まる砂利を施工

家の周りや、庭の奥など草やコケで困っている方多いのではないでしょうか?

春のうちから防止対策しておくと楽になりますよ。


今回依頼され富士エンタープライズが行った、固まる砂利を使った防草対策を紹介します。


まずは、余計な、草やコケなどを綺麗に取り除き、整地します。

ここで、水締めをするとすごくいいと思います。

固まる砂利は、ホームセンターで入手できますが、1袋798円

1㎡あたり4~5袋と書いてありますが、これを守って購入すると・・・・

すごい量の固まる砂利を購入しなければなりません。

今回作業する場所は約8㎡です。

そうすると、1袋798円×5袋×8㎡=31,920円

高すぎます。。。。

そこで、私達は、1㎡2袋で施工します。

だからといって、手をぬくのではなく、しっかりとした物をつくります。

固まる砂利の施工前に、

砂利を敷き、転圧をかけて鉄筋メッシュをして軽くセメントを敷きます。

下地をしっかりと固めます。

固めるための転圧機は、ホームセンターでレンタルできます。約1,500円位でした。

メッシュは1枚購入して半分で切断して縦に敷きます。約1,000円位です。

セメントは1袋198円です。

あとは、固まる砂利をしいて終了です。

1袋798円×2袋×8㎡=12,768円

合計 15,466円

約半値で、ここまでの施工ができます。

これで、固まる砂利だけの施工よりも、安くあがり強化は増します。

それでいて、水はけもよく、しっかりとしたものが出来ます。

施工前   ↓


施工前

施工後  ↓

施工後

見た目は、固まる砂利施工ですが、下地は全く違います。

安いだけでなく、より強化によりしっかりとした物が出来ます。

お金をかけようとすればいくらでもかかってしまいます。

自分達ですれば安く済むという考えは間違いです。

それだけでは、済みませんよね。。。。

時間を労力もとられますし、左官道具の購入もしなければいけません。

その左官道具は、また使う機会はいつくるのでしょう?

もし、私達にお願いしていたら、自分達でするよりも綺麗に

強度もあげて、しっかりとしたものが出来ます。

そこに、プロの左官職人が施工したとしても、断然に安く済みます。

お庭や敷地内の草・コケ対策でお悩みの方は

一度、富士エンタープライズに相談してみてください。

日曜大工と大工の違いは、細かい所がしっかりと出来ているかどうかです。

特に、大工は見えないところこそ、しっかりとしているものです。

見た目は一緒でも、まったく別物です。だからプロなのです。

無料相談は富士エンタープライズ新潟まで

TEL 025-278-8205

関連記事

http://www.fuji-enterprise.com/blog/archives/1626

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする