実家で同居する事になり、実家の不用品を色々と処分したいとのご依頼

実家で住む事になり、実家の不要品を処分したい。

そうしないと、引っ越しもできないので、まずは実家を綺麗にしたいとのご相談でした。

県外から引っ越しをしてくるにあたり、綺麗にしたいのでとお見積りをとの事でした。

当社で3社目のお見積りなんですが、2社とも少し予算オーバーなので

なんとかならないかという事も付け加えて言われました。

ちなみに金額は教えてくれませんでした。。。。。

現場を確認させて頂くと、

祖父の介護ベットや、子供のころの学習机、使用していない箪笥、壊れたストーブ

ブラウン管TV、祖父の衣類、オムツ、布団、古本や冊子、新聞紙、自転車、、、、、、

ほこりをかぶったままの状態で出てきました。

何年も使用していない部屋なので、蜘蛛の巣だらけの中にありました。

衛星的にもとてもじゃないが、住める状態ではありませんでした。

分かりやすく伝えると

6畳3部屋分にパンパンの不要物を詰め込んで、何年も放置していたようなイメージです。

他者では、4t車3台分は確実にあると言われたそうですが、本当にそうでした。

作業的には2日間と言われたそうです。

現場を視察後、その場で、お見積りをお出ししました。

お見積りをお出しした時の、お客様の第一声は

『あれっこんなもんですか?』

他者よりも安いです。と言われました。

そこで初めて、他者の価格を教えていただいたのですがビックリ!!!!

もう少し値段を上げた方がいいですか?

と聞き返してしまいました(笑)

そのお客様が、当社の見積もりと他者のお見積りを見比べて、

当社のお見積りには無かった項目について聞かれました。

それは、特急と項目欄についてです。

特急 1式  50,000円

と見積もり項目に書かれた単語でした。

私には、何の費用なのかわかりませんでした。

最後は、どこに依頼するのかを決めるのはお客様ですので、

疑問点などがある場合には、そちらの会社に直接お訪ねください。

当社ではお答えできないと、言うしかありませんでした。

当社も、確かに作業に必要な項目は

必要経費としてお見積りに書かせていただきますが

ご納得できないような項目があれば聞いて頂いてかまいません。

※特急という項目はございません(笑)

お見積りを見て、納得できないものは聞いても良いかと思います。

お金を支払って依頼する訳ですから、不思議に思う点は聞いても良いかとおもいますよ。

確かに、価格の問題も大きいのですが

最後は、この人にお願いしたいと思うかどうかだと思います。

実績や成績だけを追いかけている人。

細かい事でも、きちんと親身になって考えてくださる人。

解決できるかしら

この差を見分けるのは大変かもしれませんが

この差を比べられるのも、お客様しかできない特権です。

人で選べばきっと、お互いが笑顔でいれるのではないかと思います。

確かに、他社も当社もボランティア団体ではありません。

お客様にとっても、料金の差や見積もり金額はとても大事です。

でも、最後は、人を見て決めてみるのも良い方法ではないかと思います。

私達を選択してくださった方々にも、私達を選んで頂いた事に感謝し

精一杯出来ることをさせていただきます。

一度、当社を加えていただければ幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする