ガーデニングはじめました。

プチガーデン始めました

ガーデニングと言うと、どんなイメージがありますか?

★ 難しそう
★ メンテナンスが大変そう
★ 何をどうしたらいいかわからない

いろんなイメージが…

ガーデニングといっても、
種類は多々あり、そのご家庭に合うガーデニングというものもありますし、やりたいガーデニングというのもあると思います。

では、では…

★ イングリッシュガーデン

イギリスで確立されたスタイルで、日本で「イングリッシュガーデン」
特徴は、小さな空間に自然な雰囲気で草花を飾り、ナチュラルな配色と草花のフォルムにこだわった美しいデザインで自然な雰囲気を大切にしているという点です。
植物は、バラやツル性の植物が使われること多いです。
レンガ・ウッドデッキ・木製ラティスフェンス・屋外家具・テラコッタなどイギリス風のアイテムを利用して、作りこんで行きます。

★ コテージガーデン

イングリッシュガーデンの一種で、イギリスの田舎の小さな農家をイメージした形です。
オールドファッションのナデシコやスミレ,スイカズラやツルバラがからむノスタルジックな雰囲気を醸し出された、自然な感じがする庭です。

★ ボーダー・ガーデン

イングリッシュガーデンの一種で、レンガの壁や生垣に沿った細長い帯状の庭です。
バランスの良いデザインにすることが重要で、メーンを花にするか葉ものにするかで、がらり印象が変わります。

★ 整形ガーデン

テーマやデザインに沿って作られた、人の手が行き届いた形です。
枠やフェンスなどは利用せずに、植物だけを使用した花壇やレンガなどで花壇を作り、その造形美を楽しむ庭やカントリー風の庭や木々を植えて森を作った庭など、作者の好みや意図が反映された庭です。
この他に、剪定の適期が分かりやすく、他のハーブを駆逐するミントなどの成長もコントロールしやすいというメリットもあります。

★ トピアリーガーデン

針葉樹を装飾的に刈り込んだり、這わせたりして、例えば動物のように様々な形を作って庭に置く形式です。
コニファーやローズマリー、月桂樹などが人気です。
屋外で管理することが多いので、植物は、耐寒性に優れたものが向いています。

★ ホワイトガーデン

ヨーロッパから伝わったもので、白や銀色を基調に作られた様式です。
例えば、道の両脇に塀やトレリスを置き、白の花をあしらったり、ボーダーを白の花でまとめたり、庭の一部の空間を白でまとめるなど、様々な工夫を凝らしたものです。

★ ロックガーデン

岩や石を庭園風に配置して、ところどころに植物をあしらっていく庭園スタイルで、日本庭園と通じるところがあります。
印象としては、ややハードで野生的な感じになります。
岩や石の間に植えられた植物が四季折々に咲き、その移り変わりが楽しみです。

★ キッチンガーデン

庭、ベランダなど小さなスペースで、キッチンで使う野菜を中心に、果実、ハーブ、薬草、テーブルを飾る花などを育てる形です。
一種の家庭菜園のように収穫を楽しむものですが、そこに概観も楽しみつつ行うという点が特徴です。
基本的にオーガニック農法を志向するので、害虫の忌避効果があったり、お互いの成長を促進しあったりする植物を組み合わせて育てることが重要です。
例えば、バラとナスタチウム、トマトとバジルがそれに当たります。

★ アプローチガーデン

敷地の入り口から建物のドアまでのアプローチ周辺に接する部分の「庭」のことです。
よって、場所的には、比較的コンパクトな花壇のイメージがあるところです。
玄関は、お客様を招き入れる場所、家の顔でもあります。
そのためここに植える草花は「ウエルカムプラント」とも呼ばれます。

★ ウォールガーデン

家の壁をキャンバスに見立てて、クレマチスやツルバラなどのつる花草を這わせる形です。
植物が外壁を覆うので、断熱効果、音や埃を吸収する効果もあります。
ウォールガーデンでは、フェンスにハンギングバスケットを掛けて、花や葉ものを楽しむ、これも一つの方法です。

★ ハンギング

籐かご、ウォールポット、吊り鉢などを庭や玄関先に吊るしたり、壁に掛けたりして、植物を上や横の目線から楽しむ様式です。
容器の底面にマットを敷き、土を入れて植物を植え込みます。
スペースが有効に利用できることや、すぐれた装飾性などの観点から、都市型生活にマッチした現代的な園芸スタイルとして、ますます人気が高まっています。
植物は、アイビー、アイビーゼラニウム、ヘリクリサム、ブラキカムなどは、長く垂れ下がる感じが楽しめます。また、パンジー、ビオラなどは丸く盛り上がって、ボリューム感を楽しめます。

★ ウォーターガーデン

池を用意し、スイレンなどの水生植物を栽培し、水のある景観と水生植物を楽しむ形です。
場合によっては、魚などの水生動物を一緒に飼育したり、噴水なども利用したりします。
ビオトープ、アクアテラリウムなどと違う点は、主体が植物だということです。

★ ベランダガーデン

ベランダ等に鉢植えやプランターを置き、その空間を庭に見立てて、植物を栽培することを楽しむ様式です。

★ 和風ガーデン

砂利を中心にいくつかの象徴的なアイテムを配置する様式です。
シンプルな感じで、植物も少なくて済み、メンテナンスも楽ということが特徴です。
石が主体のため、風邪の強いマンションや高層階にはお勧めです。
植物は竹、シダ類、ハラン、ヤツデなどが向いています。

★ アジアンガーデン

リゾート風イメージを持たせた様式です。
リゾート気分を楽しみたい方、椅子やテーブルを置いて、ティータイムを楽しみたい方などにお勧めです。
植物は各種ヤシ、幸福の木、フェニックスロベリニーなどを置くと、雰囲気が出ます。

どの、スタイルがお家に合いそうですか

どの、ガーデニングをしてみたいですか

ただ、不安は費用ですよね

1年間で、(庭つくり)、(ガーデニング)等にお金をかける費用は、だいたいどれ位だと思いますか?
※ ウッドデッキやフェンスなど、高額になるものを除く
1年間  相場は5万~10万くらいだそうです。

お金をかければ何でも綺麗にできますし、メンテナンスもできますが・・・

ただ、理想は、安く抑えDIYの間隔で、家族で楽しむガーデニング

これができれば、楽しそうですよね。

私たちができること、

それは、お客様と同じ目線に立ち、安くお庭を楽しんでいただくことです。

そのお手伝いができればと考えています。

もちろん、手がけた後も1年間のメンテナンスサポート付き!!

今なら、フリーペーパーの「ぽるたーた」を見たと言って頂き、作業していただいたお客様にプレゼントがあります。

どうですか
庭を第二のリビングにしてみませんか

あの頃、夢を見ていた庭を、今度は実現させてみませんか

詳しくは、ガーデニングページをご覧ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする