外壁塗装編

「外壁塗装リシン編」

こちらはリシンの吹付を行なっています。

リシン吹き付けリシンガンと呼ばれるコンプレッサーで、下地の上に直接吹き付けます。

最近では、リシンの外壁もあまり見かける事がなくなりましたね。

 

 

仕上がりはこの様な感じになります。

その上から、吹付塗装をしていきます。

 

 

「塗装の時期について」

どれくらいが適正の塗装時期なのでしょうか?

目安としては

チョーキングという症状が見られたら塗装の時期と思って下さい。

チョーキングとは?

 

外壁を触った時に手に白い粉がつくという事をチョーキングと言います。

チョーキング現象はある程度劣化した外壁であれば、ほとんどの場合に起こります。

チョーキングのサインが出た時は、外壁の塗り替えを行って下さい。

というサインと考えて下さい。

 

 

 

「コーキングの割れ」

塗装のご依頼を受けて、外壁の状態を確認させていただきと

よく目にするのは、この様なコーキングの割れです。

あなたの家はどうですか?

 

この様にコーキングが年数によって割れきますので、このままでは塗装が出来ません。

直す必要があります。

 

下記 コーキングの打ち直し↓

コーキングを打ち直した後に、

綺麗に塗装をします。

 

塗装後↓

 

これで、バッチリですね👍

 

塗装前にコーキングの打ち直しは

やらないより、やっておいた方が家には良い情態を維持できます。

 

 

外壁塗装をお考えの方は

是非、富士エンタープライズにご相談下さい。

無料相談 無料見積り、喜んで。

 

遠藤祐太
富士エンタープライズの代表遠藤です! 住まいのお困りごとを解決します!必ずお力になります!
投稿を作成しました 300

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る
電話で聞いてみる 025-278-8205
便利屋🗻富士エンタープライズ