冬に向けて、シーズン最後の庭木キャンペーンを実施中

最近、国道、県道を走っていると、街路樹の樹木を短く切っている作業を目にします。

特に、イチョウの木は不格好な姿に切られていますね。

頭が切られており、枝が1本も無いものもあり、情けない姿になってたりします。

これを、寸筒切り〔ずんどうぎり〕と言います。

 

なぜここまで短く切るのか?

 

それは、維持管理の国の県の市の予算の問題もある様です。

 

本来なら、造園業者はこんな姿にしたくないのだと思いますが、これも仕事です。

造園業者がこんな事やりたくないと思っても、引き受けたからには文句は言えません。

皆様1人一人が納めた税金を使い、1本いくらという値段で枝を切っているからです。

 

でも、こんなに切っても心配いりません大丈夫です。

 

イチョウは強い樹木で、また来年には小枝が出てきます。

 

ですが、可愛そうという理由で、伐採も選定もしなかったらどうでしょうか?

可愛そうという理由で、放置された樹木はどうなるでしょうか?

放置されて、雪が降ったらどうなるのでしょうか?

 

 

雪が降る新潟では、雪の重みで、除雪車両者、緊急車両などにあたったり、こすったり

枝が折れて道をふさいでしまったりと、交通の妨げになるかもしれませんね。

 

枝の問題、、、、、

これは街路樹だけに限った事ではありません。

 

あなたの家の庭の木は大丈夫ですか?

敷地内の庭木で道路まで伸びている様な枝はありませんか?

また、大きくなりすぎた庭木を放置していませんか?

    

今年も、去年の様な雪が降らないとも限りません。

去年は、雪の重みで枝が折れたというご相談も頂きました。

また枝が折れて、救急車が通過出来ないというご相談も来ました。

 

去年雪が積もった時期を調べてみると、なんと

11月26日にどか雪が降り積もったいました。

今年は、どうでしょうか?

急に冷えこんできたので、急に雪が降るかもしれません。

 

 

そこで、今回は庭木の伐採、枝落としを

ウインターキャンペーンとして

本日の、11月15日〜12月26日までの期間を

上記、イラスト記載の通り特別価格にてご奉仕いたします。

 

さらに、出張費は全額カット

※地域は問いません。

冬季期間処分場が閉まる前のギリギリまでこの企画をやります。

 

逆に、雪の重みで折れてしまい緊急性の高い作業の場合は、

夏期の通常価格よりも、冬季は除雪という作業が一手間増える為

工賃も処分代も運搬代も高くなります。

雪で積もる前に、重みで折れる前に、近隣にご迷惑がかかる前に

事前に対策をすると、よりお得なお値段で対応する事が出来ます。

 

あの時にと、後悔なされない様、

ぜひ、この機会にご検討してみてください。

 

今だけの、特別キャンペーンです。

このキャンペーンの期間は本年の12月26日までです。

 

「ウインターキャンペーンのブログを見た」

と、必ずお問い合わせの際に申しつけください。

 

 

※お問い合わせの段階で、申し付けがない場合は、

キャンペーン対象外となりますの十分ご注意ください。

 

今だけの特別企画です。

この機会に、どうぞ、ご利用してみてください。

 

お問い合わせは、下記ま電話番号まで

メールでも対応しております。

 

富士エンタープライズ

Tel 025-278-8205